自分に合った化粧品の選び方

ニキビができた時の洗顔料

ニキビといえば、思春期にできやすいものですが、大人になってもできてしまうことがあります。原因はストレスやホルモンバランス、食生活の乱れからのようです。きちんと対応しないと、いつまでも治らなかったり跡ができてしまうでしょう。そこで、まず大切なのは清潔に保つための洗顔です。ニキビのもととなっているのは皮脂の過剰な分泌です。これを適度に取り去ってくれる洗顔料は、クレイ系のものがいいでしょう。泥は、吸着性が優れているので、余分な皮脂や汚れを取ってくれるのです。また刺激が少ないので、ニキビができやすい大人の敏感な肌にも向いていると言えます。洗顔の後には、保湿をしっかりとするのが必要不可欠です。ニキビができてしまうのは乾燥も1つの要因であると考えられています。

自分に合った化粧品でメイクアップ

昔と違って最近では、ニキビができていてもメイクが楽しめるようになっています。肌に負担の少ない化粧品も多くあるので、ニキビがひどくなければ試してみるのもいいでしょう。質感や色など、自分に合った化粧品を見つければメイクも楽しくなりますよ。ベースメイクをする時に気になるのは二キビの赤みではないでしょうか。これを消したい時は、コントロールカラーでニキビの部分をカバーし、補正したのちファンデーションをつけます。この場合、リキッドファンデーションよりも、さらっと付くパウダーファンデーションがいいでしょう。そのあとは、アイメイクやリップ、チークを施し完成です。ニキビに負担をかけないベースメイクをしたのち、ポイントメイクをすることで視線をニキビからそらすことができます。