汗をかいたままにしない!清潔に保つことが早く治る近道

思春期ニキビの原因とは?

顔にニキビが複数できると、誰でも憂鬱な気分になってしまいますよね。思春期ニキビの原因として、成長ホルモンの過剰分泌とストレスが考えられます。十代は成長ホルモンの作用により、とくに皮脂が出やすく汗をかきやすくなり、結果毛穴が詰まり思春期ニキビになってしまうのです。また、勉強や部活などのストレス、脂っこい食生活などで思春期ニキビになることも。思春期ニキビを治すには、バランスのとれた食事や睡眠、ストレスのない生活も大切ですが、一番に油分や外出時の汚れを、正しい洗顔で取り除くことが重要でしょう。さらに部活などで汗をかいたときは、こまめにきれいなハンカチで汗をふき取るなど、汗をかいたままにしないでなるべく肌を、清潔に保つことが必要ですね。

思春期ニキビの洗顔方法とは?

洗顔するのに、コンビニや薬局で販売されている、値段の安い洗顔料に手をだしがちですが、ちょっと待ってください。安い洗顔料には、肌を痛めつけてしまう「合成界面活性剤」や、肌のバリア機能を壊してしまい、ニキビのアクネ菌を「殺菌する強い成分」が配合されているんです。これらの洗顔料を使えば、思春期ニキビは一時的に落ち着くかもしれませんが、再発してしまう可能性が高いでしょう。ですので、思春期ニキビを早く治すには、界面活性剤やアクネ菌を殺菌する強い成分が入っていない、洗顔料を選んでください。そして、泡立てネットなどを使用して、よく泡立てて泡で洗顔するように、優しく顔を洗いましょう。けして、強い力でこすらないように気をつけてくださいね。