しっかり洗うは間違い!?正しい保湿方法を知ろう

肌には適度な皮脂が必要

大人ニキビができてしまった場合の基本の対策と言えば、洗顔を行うことですよね。皮脂や老廃物などをしっかりと取り除くことも必要ですので、毎日しっかりと洗顔を行うことは大切です。ただ、洗い過ぎになると逆効果になる恐れがあるため、注意をしなければいけません。肌の良好なコンディションを維持するには適度な皮脂も必要で、洗い過ぎてしまうと残すべき皮脂まで失われてしまいます。すると、肌を守るために過剰に皮脂が出てしまったり、乾燥を引き起こしてしまったりと、誤った洗顔によって肌のコンディションを悪くしてしまうのです。特に、長い時間を掛けて洗顔を行っている人や、洗浄力の高過ぎる洗顔料を使っている人は、洗い過ぎになっている傾向があるため注意した方が良いでしょう。

保湿のポイントをチェック

洗顔をした後は速やかに保湿を行うことが大切です。乾燥をしやすくなっているため、うっかり放置をすることのないよう注意が必要と言えます。まずは化粧水で肌の調子を整え、その上で乳液や美容液、クリームなどを必要に応じて使用していきましょう。なお、化粧水や乳液を使用する際、コットンを使ったりパッティングをしたりすると刺激になることもあります。負担が気になる場合は、清潔な手のひらに適量を出し、それから優しく顔に付けていきましょう。ハンドプレスをすることで浸透を良くすることもできます。保湿は過剰に行うのも良くありませんので注意したいところです。肌は元々、保湿をする力を持っていますので、それを邪魔しないように調整をしながらスキンケアをすることが大切です。自分の肌をよく観察し、必要なケアを見極めることで大人ニキビとも上手く付き合っていけるでしょう。